看護師 健康管理相談員

看護師の在宅ワーク トップ > 健康管理相談員の仕事

健康管理師の仕事看護管理相談員も立派な看護師の仕事

看護師というと医療機関で仕事をするイメージを持っていないでしょうか。
しかし、在宅ワークの1つで健康管理相談員という仕事があるのをご存知でしょうか。

✔健康管理相談員は在宅ワークです。

在宅療養中の患者さんや、介護施設の利用者から健康相談を受ける仕事です。
専門家としての観点からアドバイスを行っていく仕事です。

電話でやり取りを行うのが基本になります。
そして、中には電話相談以外にも職場なり家庭なりを訪問する必要があるものもあります。

健康管理相談員も看護師の在宅ワークしかし、拘束される時間は1時間、2時間といった短時間なので、医療機関での看護師の仕事と比較すると短く、その仕事はコミュニケーションが中心となるので、いかに相手に納得できるようにわかりやすく説明ができるかがポイントとなってきます。

相談相手としては介護施設に入っている方や、在宅療養中の患者さんの相談が多いです。

この仕事はある程度の知識が必要となってきますので、看護師経験のある方で、実際医療機関で看護の仕事に携わってきた人に向いている仕事です。

また、基本的なスキルについては実際、仕事に就く前に研修などを行ってくれますので、未経験の人でも仕事はできます。

結婚、出産、また諸事情で看護師の仕事を辞めてしまった人でもう一度、看護師の仕事をしたいけれど、時間に縛られたくない、人間関係に悩まされたくないという人にはこの健康管理相談員という在宅ワークはおすすめの職種ではないでしょうか。

と言っても、健康管理相談員も電話でしっかり伝えなければならない。本当に理解してくれているかも不安であることもあります。在宅ワークといっても、場合によっては家庭や施設に出向く必要があることも頭においておきましょう。

在宅ワークを望んでいる人は、時間に縛られたくない、外で働くことができない、でも、看護師に関係する仕事がしたいという人がほとんどです。
その様な看護師の資格を持っている人には単発という働き方もあります。時間にしばられない、働く時間、日数も自分で決めることができる、単発はそのような働き方になります。

MCナースネットは単発の仕事にも力を入れています。一度、覗いてみて下さい。

⇒看護師の単発はMCナースネットへ