看護師 在宅ワーク ナース人材バンク

子どもがいるから外の仕事は…、家事も両立したい…、などと。本当は看護師の仕事はしたいけど、と悩んでいる看護師さん!
看護師の在宅ワークがあることをご存知ですか?頑張って取得した看護師免許、眠らせていてはもったいない!

看護師の新しい働き方 在宅ワークが今、注目を浴びています

育児、家事、主婦業は目まぐるしい毎日を過ごしています。
せっかく看護師の資格をとってもこれでは、資格も泣いています。

看護師の免許があれば、在宅ワークという働き方も可能です。

仕事の種類は病院看護師ほど多くはありませんが、新しい看護師の働き方として在宅ワークは今、注目を浴びつつあります。

看護師の在宅ワークはどんな仕事があるのでしょう

大きくわけて次の4つがあります。

保健指導

高齢者や企業の社員に対して、電話や実際、家庭に赴き、話を聞いてカウンセリングや保健指導を行う仕事です。

特定保健指導

2008年4月より始まった、40歳~74歳までの公的医療保険加入者全員を対象とした保険制度です。(ウィキペディアより)

健康診断などで、生活習慣病のリスクが高い人に対して、生活習慣の見直しをサポートする仕事です。基本的には電話での指導になりますが、場合によっては家庭、職場を訪問することもあります。

保健康管理相談員

在宅ワークはやりがいのある看護師の仕事です

介護施設や在宅療養中の患者さんから健康相談を受けて、看護師としてのアドバイスをする仕事です。

患者さんとのコミュニケーションをとることが好きな人には向いています。
(看護師さんはコミュニケーションをとることが得意ですよね。)

保看護師のサイトやブログに記事を執筆

今では多くの看護師のサイト、ブログがあります。
その中に自分の経験を生かして、記事を書く仕事です。

看護師として働いたことのある人でしたら、誰でも始めることができます。
文章を書くのが好きな人には向いている仕事です。

在宅ワークを探す前に知っておきたいこと

看護師在宅ワークとても魅力的に見える在宅ワークですが、デメリットをまずは把握しておくことも必要です。

求人が少なく、競争率が激しい

家庭を重視したい人にとっては、在宅ワークはとても魅力的です。 でも、考える人はみんな同じです。
求人は少なく、また求める人は多いので、競争率が激しいのが、現状です。

1人で解決しなければなりません

問題があった時に、上司、同僚がいないので、相談相手がいません
また、どんな仕事かがわからない手探り状態で始めなければなりません。

在宅ワークは、病院、クリニックで働く看護師と比べて、特殊であることを頭に入れておいて下さい。
自宅で知識やスキルを活かして働ける、また肉体的にも負担が少なく人間関係で悩むことがない、空き時間を活用できるなど、メリットは多くあります。
医療機関で働くよりは収入はダウンするケースが多いですが、時間に束縛されることなく、働くことが出来ます。

看護師 単発

↑ PAGE TOP